TEL:03-5275-0077
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル3C
永田町駅 徒歩2分
トップページ
当院のこだわり
当院の特徴
クリニック紹介
アクセス
初診の方へ

千代田区,自律神経失調症,心療内科,精神科,メンタルクリニック,渋谷区,港区,催眠療法,EMDR

自律神経失調症

対象疾患
24時間オンライン予約 MOBILE SITE
トップページ»  自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れることによって起こる病気です。 自律神経失調症とは

自立神経が乱れると、身体に様々な障害が出てきます。

自律神経は、血管やリンパ、内臓など、自分の意思とか関係なく働く組織に分布する神経系のことで、呼吸や代謝、消化、循環などの、自分の意思とは関係がなく、生命活動の維持や調節をして、絶え間なく活動している神経のことです。

自律神経失調症は、原疾患としてうつ病やパニック障害、身体表現性障害などが認められることが多く、元になっている病気が特定できない場合でも、ストレスが主な原因になっている可能性が高いため、適応障害と診断される場合もあります。

原因を特定できない内科医が、病気として認められない、漠然とした身体の不調の訴えをする患者に対し、納得させるための目的という否定的な見解もあり、内科で自律神経失調症と診断された場合には、改めて精神科や心療内科で診察・カウンセリングを受けることを勧められています。

主な症状

自律神経失調症では、まず身体的異常を精査し、身体面に問題がなければ何らかのストレスが原因で身体的な不調が起こっている場合があります。

ひとによっては、他の症状があまり強く出ていないのに、特定の症状だけが強く現れる場合もあります。

具体的な症状として、めまい、冷汗、身体の一部が震える、緊張する場面ではないのに脈が速くなる、激しく血圧が上下する、立ちくらみ、耳鳴り、吐き気、頭痛、微熱、生理不順、過呼吸などの身体症状のほかに、精神的な人間不信や情緒不安定、不安感、イライラ、抑うつ気分、腹痛、下痢、胸焼け、食欲不振、頻尿、残尿、口渇、肩こり、全身倦怠感などの症状が現れることも多くあります。

検査と診断

自律神経失調症は、曖昧な概念のため、診断が難しい病気です。様々な角度から検査を行い、総合的に判断されます。

身体に異常がない場合、心の原因を探り、その解決を目指します。それは他の多くの疾患同様、トラウマなどの外傷体験を処理したり、自律訓練法、催眠などで改善するケースがあります。

体に異常がない場合、心の原因を探り、その解決を目指します。

PAGE TOP