TEL:03-5275-0077
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル3C
永田町駅 徒歩2分
トップページ
当院のこだわり
当院の特徴
クリニック紹介
アクセス
初診の方へ

千代田区,うつ病,心療内科,精神科,メンタルクリニック,渋谷区,港区,催眠療法,EMDR

うつ病

対象疾患
様々な治療法
24時間オンライン予約 MOBILE SITE
トップページ»  うつ病

うつ病とは

何かいつもより気分がすぐれない、やらなければいけないことなのに何故かやる気がおきないということは誰にでもよくあることです。 うつ病とは

しかしそれが長期間続いたり、不安、イライラ、眠れない、食欲がない、焦りが強い、などに加えて、頭が回らないという症状が伴う場合には、うつの可能性を疑ってもよいと思います。

うつ病は決して皆同じものではなく、「うつは脳の病気であるから薬が絶対に必要で、薬を充分に飲んで、充分に休めば必ず治る」というのは本当ではありません。

たとえばうつ病には、幼少期からのトラウマ体験など心の原因があって発症に至るものがかなりあり、苦痛の元となっている心の原因を適切に取り除き、健康的な心の状態に変化させなければ、如何に休養しようが服薬しようが、ストレスがかかるたびに何度も何度も再発を繰り返します。
そしてその度に自尊心が低下し、また薬物が増量されて副作用に苦しむようになっている気の毒な方々が本当に沢山います。

うつ病の治療

うつでは思考力が低下します。
もうこれ以上、頭が働かない、注意力が続かない状態となります。
それは、日常的に使っている脳の部分が、疲弊しきっていることから起こりますので、
その部分を休めることが大切です。

①休むということ
別のことをするということと、別の場所に行くことが効果があります。

大脳生理学的に言えば、右手が疲れたならば、左手を使うと、寝ることよりももっと休まります。
うつの場合、疲れは、頭であって筋肉ではないので、運動するとただ寝るよりももっと頭は休まります。

また、家は仕事に行くために、体を休める場所となっている為、家にいてもどこか仕事のことを思い出して休み切れないことが多いものです。心地よい自然の中に行って、仕事を想起させない環境に身を置くと効果的で、より早く回復します。

②疲れにくくすること
しかし、例えば親が子供に完璧であることを求めるように、「90点取ったら激しくなじられる」など、過度に不安や恐怖を与え続けたような場合、「完全でなければ酷い目に遭う」という思い込みが作られて、間違えることを病的に恐れて勉強や仕事等を頑張る人がいます。

このようなタイプは気を抜くことが下手でとても疲れ切っていることが多く、うつになりやすいといえます。

このようなケースでは、親の与えた不安、恐怖がトラウマとなって残っておりますので、その体験を体から取り除く治療を行うことで、病的な厳しいプレッシャーから開放されて、もっとゆったりとした心地よいペースで生きて行けるようになります。


当院では治療は、ほとんどのケースにおいて薬物療法以外に心理療法を行っております。
我が国においては心理療法は殆ど行われていないのが実情で、安易な抗うつ薬などの薬物療法により、うつが遷延し、自尊心の低下を更にきたしているケースが散見されます。

更年期障害とうつ病

女性に限らず、男性にも更年期障害という身体的なホルモンバランスの異常から
うつを来すことがあります。

治療の鉄則は、まず身体的な異常がないかを調べること、そしてそれが問題なければ心の治療に入ることという流れになります。

また更年期障害には、漢方薬やプラセンタ注射が劇的に効くことがあり、私も好んで用いております。

PAGE TOP