TEL:03-5275-0077
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル3C
永田町駅 徒歩2分
トップページ
当院のこだわり
当院の特徴
クリニック紹介
アクセス
初診の方へ

千代田区,社会不安障害,心療内科,精神科,メンタルクリニック,渋谷区,港区,催眠療法,EMDR

社交不安障害

対象疾患
24時間オンライン予約 MOBILE SITE
トップページ»  社交不安障害

社交不安障害とは

対人緊張が強く、言いたいことが言えなくなるなどといったことが高じて、会社を辞めたくなったり、家に閉じこもることになってしまう状態を言います。 社交不安障害とは

例えば結婚式のスピーチを頼まれて、「ちょっと恥ずかしいな」と思うのは誰にでもあることですが、スピーチを頼まれた時から失敗して他人から馬鹿にされはしないかと考えプレッシャーを感じて苦しい日々を過ごしたり、マイクの前に立ったもののふるえが止まらず、声もうわずり、スピーチを続けられなくなってしまう。

このように、他人に悪い評価を受けることや、人目を浴びる行動への不安により強い苦痛を感じたり、身体症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたすことを、社交不安障害(SAD)といいます。

この社交不安障害(SAD)は性格の問題ではなく、精神療法や薬物療法によって症状が改善することがある心の病であると最近されて来ております。

ちょっと恥ずかしいと思う場面でも、多くの人は徐々に慣れてきて平常心で振る舞えるようになりますが、社交不安障害(SAD)の人は、恥ずかしいと感じる場面では常に羞恥心や笑い者にされるのではという不安感を覚え、そうした場面に遭遇することへの恐怖心を抱えています。

思春期前から成人早期にかけて発症することが多いのですが、慢性的になり、人前に出ることを恐れるようになると、「うつ病」等のさらなる精神疾患の引き金となることもあります。この状態は病気であるとされ、現在も海外では多くの方が医療機関での治療を受けています。

社交不安障害(SAD)の原因

現在の精神医学では神経伝達物質がSADの発症に関わっているのではないかと考えられています。

脳にはおよそ140億個もの神経細胞があり、それらの神経細胞は、神経伝達物質の制御を受けることで、協調して働き、脳全体の機能を調節しています。セロトニンもそうした神経伝達物質の一つですが、そのバランスが崩れてしまうことが、SADを発症させる原因ではないかと考えられています。

また、セロトニン同様にドーパミンという神経伝達物質のバランスが不安定になることでも不安を誘発するのではないかと言われており、神経伝達機能が正常に作用すれば不安状態は発生しにくいと考えられています。

私は他の多くの疾患同様、その人の幼少期からの体験が、この疾患(?)の本態であろうと考えて治療を行っております。

診察のポイント
  • どんな時に不安を感じるのか
  • 似たような体験は過去になかったか
  • 親兄弟はどんな人なのか
  • 子供の頃いじめなどはなかったか
  • これまでの学校生活や職業経験
  • ほかの病気にかかっているか

・・・などが参考になります。

治療は、対話をまったり続けていくうちに、段々その成因がくっきりとして行きますので、少量の薬を時に補助的に使いながら原因となっている体験の処理を目指します。

PAGE TOP